<< クールでスマート、緊密な「スラブ舞曲」/ヴィヴィアン | main | 透明感あふるる >>
2013.03.24 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.11.06 Saturday

    広がりのある空間表現!

    0
      NAOTOのイマージュ 6 six

      話題性だけのものではないと感じます。

      Live image6のツアーも終わり、そろそろレビューを書いてもいいかなと思いました。

      image1から聴いているわたしの意見としてはたまたま「話題性のあるもの」が重なっ
      たものだと思います。「話題性」を外した個々の曲として聴いてみてください。また、
      演奏者の方々の大半がいつもimageシリーズでおなじみの方々ですし、古澤氏も過去
      image1でアサド兄弟と共演しています。カルロス・ヌニェス氏もゲド戦記に関わった
      からではなく、前回のimage5から素敵な演奏を披露しています(^-^)

      広がりのある空間表現!

      私はイマージュを初回から所有して聴き続けています。
      今回のイマージュは全体的に音の響きによって空間表現されている曲で構成させています。ミニコンポ等で聴いている方には表現されている空間が現われないと感じます。音の奥深さなど非常に難しい面が有ります。是非良質なオーディオをお持ちの方にはお勧めいたします。
      音楽的にもそれぞれとても聴きやすい音楽ですから、何気ない生活の一部として聴いて頂いても結構と感じます。

      素直に感じてください

      全体的な曲目は去年から今年にかけて、支持が多かったり好評があったものばかりで【初めて聴く】という方も、思い出すんじゃないでしょうか。
      最近は、またクラシックが流行ってきているそうで。嬉しいですね。その延長上での曲もふんだんに入っているので、何だか楽しいですよ。

      やはりCDや演奏会など・・・、曲目の最初の曲はいずれも肝心で、感情がそこから上がったり下がったりするという重要性を持っています。
      それをふまえて、出だしはなかなかじゃないでしょうか。フラダンスという優雅で純粋な音色で最初を飾るというのは、なかなか度胸がいるものです。なぜかって?奇抜なイマージュだからですよ(笑)

      曲を聴いてみて、その聴いたままの感情を頭の中で創造していってみてください。それがイマージュの意であり、演奏者達の望みでもあるでしょうから。

      イマージュ 6 six<シス>
      2013.03.24 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM