<< エヴァとクラッシックの協奏曲 | main | 美味しいとこ取り >>
2013.03.24 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.11.24 Wednesday

    やわらかい感じ

    0
      松本和将のMirai~若きマエストロたち~
      未来の巨匠達のコンピレーションアルバム

      若いがとても実力のあるアーティストの演奏を集めた企画です。
      ギターの村治佳織はもとより、大萩康司(ギター)、仲道郁代と仲道佑子姉妹による仲道デュオ(ピアノ)等は、すでに多くのアルバムが発売されており、若いですがその実力は折り紙つきです。
      北京生まれのチョウ・チン(チェロ)の「鳥の歌(カタロニア民謡)」が秀逸でした。悲しみを湛えながらも深くて味わいのある音色と表現力を持っています。まだ20代ですが、その円熟した演奏は「未来の巨匠」の彷彿とするものでした。
      松本和将(ピアノ)のショパン「バラード1番」はスケールの大きいダイナミックな演奏で感心しました。聴衆を引き込ませるそのピアノは、生のステージを聴きたいと思わせる物ですね。勉強不足ではじめてこのCDで知ったわけですが、将来が本当に楽しみです。
      その昔、二胡のジャン・ジェンホワの演奏を聴いて、小澤征爾が感動の涙を流したという逸話がありますが、加古隆の名曲「黄昏のワルツ」に内在する悲しみは「二胡」の音色により一層深まったように感じます。
      ピアソラ「リベルタンゴ」のような新しいジャンルへの挑戦は、聴いていて気持ちがよかったですね。バンドネオンとの競演は、世界の音楽に国境はない、というのを感じる演奏でした。
      私のように50代ともなると、時々若い方達に「輝かしい未来があなた方の前に広がっている」というセリフを口にします。本音でもあり、無責任でもありますね。実際は、過去のいろいろと努力した積み重ねがあって初めて「輝かしい未来」が広がるわけです。その1里塚(マイルストーン)の演奏集とも言えるでしょう。
      このCDに収録された若いアーティストが本当に世界の巨匠として羽ばたくには、より一層の高みへむけて更なる精進が必要でしょう。でもその可能性は「限りなく大きい」と、演奏を聴いて感じました。

      素敵な音がいっぱい。

      クラシックが特に好きというわけではないのですが、村治佳織さんのギターが好きだったので、買ってしまいました。
      今まで、佳織さんのギターしか聴いたことがなかったのですが、大萩さんたちの演奏も聴けてよかった。
      同じ楽器の演奏でも弾く人の個性が出てて興味深かったです。あらためて、ギターって素敵!って思いました。
      それにしても、若手演奏家のみなさん、これほどのすばらしい演奏ができるようになるまでに、どれほどの努力を
      されたことか。
      クラシックギターをはじめて2年目の私ですが、もうちょっと真面目に練習しないと楽器に申し訳ないと思いました。

      やわらかい感じ。

      大萩さん目当てで買ったCDでしたが、予想以上にバランスのいいCDでした。
      クラシックだけれどそう重いものが聴きたくないときや夜ひとりで浸る時にお奨めです。
      ギターもいいし、二胡やフルートなどバラエティに富んだ楽器と耳に馴染みやすいどこかで聴いた曲のオンパレードでとても良いです。
      プレゼントとしても最適。
      演奏なんて若い、ベテランなんて関係ないと思います。

      Mirai~若きマエストロたち~


      2013.03.24 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM