<< ヌマワニの踊る姿を想像しながら | main | アニエス/そんなに昔のことではない。 >>
2013.03.24 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.07.16 Saturday

    うーん^^;少し残念

    0
      やれやれだぜ!
      あたしわぁ?原作原理主義でわぁ?ありませんがぁ?、先祖わぁ?実際のぉ?忍です、観て思った事を書きますねぇ?まず、松ケンを?いかしきれてないと思うなぁ?ガ━(?Д?;)━ン抜け忍としての悲壮感、哀愁、悲しみ、煩わしさがぁ?一切 画面から伝わってきません(ノ_・。)毒で村人が全員、お亡くなりになる重要なシーンがあるのですが、、松ケンが気づいたらお亡くなりになっていたみたいに、さらりと流されます、、、どうにかならなかったのかなぁ??ダンサーのような人の踊りに全く意味がない、、、、土屋アンナ 嫌いじゃないけどぉ?、配役されてる必然性が感じられない、、、命を掛けてまで擬似餌(ルアー)を作らなければならない理由も描かれてない、、、鮫、海のCGが かなり粗い、、、大頭が出てくるタイミングに必然性がない、、、他にもありますが、あたしわぁ?家族全員で劇場で観ましたがぁ?正直、お金 返してほしいと思いました、あんな気持ちになったのはシャマラン監督のサイン以来でした、、、このレベルの映画なら、あたしでも、スポンサーさえ付けば、撮れそうです!

      うーん^^;
      映像表現ばかりゴリ押しされてる映画です。金かけたぞ!と言わんばかりの。
      その分ストーリーはないがしろにされ、キャラは存在感が希薄になってる気がします。
      その原因の一つに、人物のパンが常に遠く、アップが少ないせいだと思う。

      日本映画がいくら頑張っても、ハリウッドの映像技術には遠くかなわないのだから
      やはり、ストーリーをしっかり見せて、キャラクターに感情移入出来るような作品を作って欲しいです。

      少し残念です
       17世紀の日本。すさまじい階級社会の中で最下層の子として生まれたカムイにとって、強くなることが生き抜くための条件だった。はからずも忍びの道へと進んだカムイだったが、やがて自由を求めて忍びの世界を抜け出す。抜忍となったことで、追っ手との終わりのない戦いと逃亡の人生が宿命づけられるカムイ。そんなある日、カムイは漁師の半兵衛を助けた縁で、彼の家に身を寄せることに。しかし半兵衛の妻スガルは、自らも抜忍だったため、カムイの出現に警戒心を募らせる。対照的に半兵衛の娘サヤカはそんなカムイを温かく迎え入れ、ようやくカムイの心にも束の間の平穏が訪れるのだったが…。

       映像はやはり最新なのですごいと思ったが、この作品はなかなか映画には向かない、難しいのではないのかと見ていて感じた。やはり、空中シーンや殺害シーンなどがあり、空中シーンは少し安っぽく見えてしまい、戦闘シーンはリアルさが欠けていたように思われる。
       この作品の見どころは階級社会で底辺で虐げられていた少年が青年になり、そして忍びとなって抜け忍になっていくなかで一貫してある生への執念というか哀しさ執着みたいなものだと思いますが、それが描き切れていなかったように思え、中途半端なアクションシーンが多発していました。少し残念です。



      カムイ外伝 [DVD]

      2013.03.24 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM